This site is for customers in Asia. Customers in China & other regions, please go to Global page.
HOME > Product search results > Code No. J-ORMW301R Afamin/Wnt3a CM

Code No. J-ORMW301R

Afamin/Wnt3a CM

Availability (in Japan)

10 or more

(In Japan at 00:05,
Mar 21, 2019 in JST)

Size

10 mL

Intended use 腸管オルガノイド培養など
Storage temp. -20°C Manufacturer JSR Life Sciences Corporation
Background Wntシグナルは初期発生や幹細胞の維持と再生、がん化に関与していることが知ら有れており、これらの増殖・維持に重要な役割を果たしています。特にWnt3aは腸管上皮細胞におけるLgr5陽性幹細胞の増殖維持に必須のニッチ成分であることが明らかとなり、小腸、大腸、胃、膵臓、肝臓など様々な消化管オルガノイドの作製に使用されています。Wnt3aは、従来より消化管オルガノイドの培養に利用されていましたが、脂溶性タンパク質であるため無血清培養液中で凝集体を形成し、十分に活性を発揮できないことが課題でした。2016年Miharaらは、血清の構成成分の一つであるAfaminがWnt3aと複合体を形成することにより、高いWnt3a活性が維持できることを見出しました。また、 AfaminとWnt3aの複合体をオルガノイドの培養に使用することにより、オルガノイドの長期培養が可能となりました。
Product category
Tools
Cell culture reagents
この製品に関するお問い合わせをする

  • The availability is based on the information in Japan at 00:05, Mar 21, 2019 in JST.
  • The special price is shown in red color.
  • Please note that products cannot be ordered from this website. To purchase the items listed in this website, please contact us or local distributers.
  • For storage temparature: RT: room temparature
  • Please note that products in this website might be changed or discontinued without notification in advance for quality improvement.